カテゴリー
ウォーキー
ブロガー
時間や場所にとらわれず、いろんな「モノ」や「コト」をクリエイトしています。
ただいま旧ブログ(MATCH THE BAIT)より移行中

ピストバイクのハンドルレザーをリペアしてみた

レザークラフトのセットを購入したはいいものの、何から始めれば良いかがわからずひたすら道具を眺めるだった僕ですが、やっと針に糸を通すことが出来ました。

これでいつでも革を縫える状態にはなりましたが、一体何を縫えば良いのかわからず再び道具を眺める日々が続きました。

ウォーキーのアイコン画像ウォーキー

何か縫えるものはないかな〜

と色々と探していると初心者の僕の手縫いデビューにちょうど良さそうな物を発見しました。

それは僕が普段乗っているピストバイクのハンドルです。

購入時にレザーハンドルにカスタムしてもらって以来、雨の日も風の日も、炎天下の中でも共に走り続けました。

レザー自体は丈夫なのでエイジングはするものの破れたりはしませんが、さすがに縫い糸は耐えられず少しずつ切れていき、とうとう写真のようにボロボロになってしまいました。

自転車屋さんにリペアをお願いすると結構な費用がかかってしまうので、今回はこの『レザーハンドルのリペア』に挑戦してみようと思います。

目次

レザーハンドルのリペア手順

STEP
材料の準備
ロウ引き糸

レザーはとても良い感じにエイジングしていてこのまま使いたいので、必要な材料は糸のみ。赤い糸が手元に無かったので東急ハンズに買いに行きました。

僕が求める真っ赤な糸はロウ引き済みの糸しかなかったのでこれを購入。800円くらいとお値段は高めでした。

STEP
古い糸をカット
古いレザー

まずは元々縫われている古い糸をカットして取り除くのですが、取る前にどのような方法で縫われているかをチェックしたところ、どうやらクロスステッチと言う方法で縫われているようです。

古い糸を取り除く

さすがに二年も同じ使用していたこともあり、糸を取り除いてもレザーが形状記憶状態だったので、ハンドルからは無理に剥がさず糸だけ取り除くことにしました。

STEP
針に糸を通す
ロウ引きした糸

縫う長さの7〜8倍くらいの長さの糸を用意して針に通します。ロウがしっかりと糸に浸透しているようで、かなり頑丈そうに感じます。

STEP
クロスステッチで縫っていく
針でクロスステッチ縫い

クロスステッチと言っても元のレザーにすでに元々の穴が空いているので、左右の重なり方が一定になるように気を付けながら順番に針を通していくだけです。

レザーハンドルのクロスステッチ

二年間の使用で縫い目がかなりズレてしまっていますが、革自体が歪んでしまってるのでこれはこれでエイジングの一つと言うことでそのまま縫うことにしました。

STEP
完成
レザーのクロスステッチ

革が劣化して伸びてしまっているので、強く糸を締めると縫い目に革が寄って盛り上がってしまいましたが、エイジングしたレザーにビビッドな色が映えてかなり僕好みの仕上がりになりました。

まとめ

レザーを巻き終わったピストバイクのハンドル

今回はリペアでしたが、レザーを縫うと言う作業のを経験することでかなり感触を掴むことが出来ました。ただこうして見てみると左ハンドルのレザーだけ歪みから縫い目がズレてしまい、左右を比べるとかなりズレが目立ちます。

クロスステッチの縫い方はわかったので、次はレザーをカットし穴を開けるところから挑戦してみたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる