カテゴリー
ウォーキー
ブロガー
時間や場所にとらわれず、いろんな「モノ」や「コト」をクリエイトしています。
ただいま旧ブログ(MATCH THE BAIT)より移行中

レザークラフトの針にロウ引きで糸を通す方法

ウォーキーのアイコン画像ウォーキー

レザークラフトを始める!

と意気込みレザークラフトのコンプリートキットを手に入れた僕ですが、一体何から始めれば良いかわからず、しばらく道具を眺める日々を送っていました。

このままではいかんと言うことで、まずは手縫いの基本中の基本である『針に糸を通す作業』に挑戦してみました。

目次

用意するもの

針に糸を通す方法は人によって様々のようですが、今回は友人の革職人に教わった通し方を紹介します。

  • 麻糸
  • ロウ
  • カッター
  • ゴム板

カッター以外はコンプリートキットに入っていた物を使用します。

針に糸を通す手順

STEP
糸を必要な長さカットする
レザークラフトの糸

縫う距離に対して四倍くらいの長さで糸をカットします。

STEP
糸の先端をほぐす
糸をほぐす

カッターの切れない部分で糸の先端を抑え、カッターを固定したまま糸を引っ張るとほぐしやすいです。

ほぐした糸先

こんな具合にほぐされました。逆側の先端も同じようにほぐします。

STEP
糸にロウを引く
蠟引き

まずは先端にロウを引きます。ロウと親指で糸を挟み、糸を引っ張ります。三・四回繰り返して先端が綺麗にとんがればOK。

レザークラフトのロウ引き

これで糸を針に通しやすくなり、縫うときも抵抗が抑えられると言う訳です。両サイドの先端にロウを引いたら糸全体にロウを引きます。先端と同じ要領で指で押さえながら糸を引っ張ります。

レザークラフトのロウ引き

三・四回引いた後、ドライヤーで熱すると糸にロウが浸透させることが出来ます。ところで何故糸にロウを引くのか疑問だったので、糸にロウを引く理由を革職人の友人に聞いてみたところ、ロウを引くことで糸の耐久性と耐水性がアップするそうです。

STEP
針先を削る
レザークラフトの針先を丸める

レザークラフトで革を縫うときは、予め革に穴を開けてから縫うため針の先端が尖っていなくても縫うことが出来ます。むしろ尖っているとスムーズに縫えないので、針の先端はサンドペーパー等で丸く削ってしまいます。

針先を削った手縫いばり

これで手を怪我する可能性も低くなるので一石二鳥ですね。

STEP
針穴に糸の先端を通す
針穴に糸を通す

先ほど尖らせたおかげでスムーズに通ります。

STEP
糸に針先を刺す
糸を返して通す

針と同じくらいの長さで糸を折り返し、糸に針を刺します。糸を捻ることで糸に隙間が出来るので刺しやすくなります。

交互に糸に針を通す

今度は1センチくらいで折り返し同じように針を刺しますこれを三回繰り返します。

糸を押す

次に針先を持ち、針穴に向けて糸を下ろしていきそのまま糸を抜ききります。

ロウ引きし終わった糸

糸の先端を尖らせたことによって綺麗に糸がまとまってくれました。

糸をロウ引きする

糸がまとまらないようであればさらにロウ引きをして綺麗に整えます。逆側も同じように針を通して終了です。

まとめ

ロウ引きした糸

友人の革職人に教わった方法で糸を通しましたが、決まった方法はないみたいなので自分のやりやすい方法を見つけて下さい。

また予めロウ引きしてある糸も販売されているみたいなので、面倒なときは買ってしまった方が早いかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる