カテゴリー
ウォーキー
趣味や遊びに没頭するクリエイター
時間や場所にとらわれず、いろんな「モノ」や「コト」をクリエイトしています。
ただいま旧ブログ(MATCH THE BAIT)より移行中

餌用コオロギのうるさい鳴き声の対策方法

爬虫類を飼育していると餌用にコオロギをストックすることが多いと思います。SサイズやMサイズであれば何の問題も無くストックできるのですが、Lサイズを超えてくると発生するのがコオロギの鳴き声問題です。

秋に外から聞こえてくる風情のある虫の音とはちがい、ストックコオロギの鳴き声は気になりはじめるとストレスでしかありません。マンションやアパートだと近隣からのクレームに繋がる可能性も。

ウォーキー

この鳴き声、なんとかならんものか…

ということでコオロギの鳴き声をなんとかするために試行錯誤した結果、いくつかの対策方法を発見しました。

そこでこの記事ではコオロギの飼育経験から学んだストックコオロギの鳴き声対策をご紹介します。

この記事はこんな人におすすめです
  • 餌用コオロギの鳴き声にお困りの人
  • 餌用コオロギの鳴き声の対策を知りたい人
  • 餌用コオロギの鳴き声に我慢できない人

この記事で紹介する対策をすべて実行すればコオロギの鳴き声をかなりおさえることができるので、鳴き声にお困りの人はぜひ最後までご覧ください。

目次

コオロギの鳴き声対策

ケースを蹴る

一時的に鳴き声をピタッと止めることができます。しかしほんとに一時的な対策で持続性はなく、余計にストレスが溜まります。

何より物に当たるのはよくありません。

雄(オス)を優先して食べさせる

コオロギの鳴き声は、雄(オス)コオロギが威嚇するときや雌(メス)を誘うときに鳴くのであって、雌(メス)コオロギは鳴きません。

ということは雄(オス)コオロギを優先して餌として与えれば鳴き声の発生は緩和されます。

コオロギの雄(オス)と雌(メス)の見分け方

最も簡単に見分ける方法が産卵管の有無です。

フタホシコオロギの雌
雌(メス)

そしてこちらが雄(オス)です。

フタホシコオロギの雄
雄(オス)

雌(メス)に比べるとサイズが小さいのも特徴です。この雄(オス)が羽を擦り合わせて鳴き声を発生させるので、餌として与えるときに先に雄(メス)を優先して減らしていくのがオススメです。

雄(オス)の羽を切る

餌として減らしていくにも限界があり、コオロギは日々成長していくためいつの間にか家中に響き渡るほどの大合唱になってしまう恐れがあります。そこで効果的なのが雄の羽を切ってしまう方法です。

コオロギを雌雄に分ける

まずは作業しやすいようにコオロギを雄(オス)と雌(メス)に分けます。こうしてみると雌(オス)の方が一回り大きいのがよくわかりますね。

フタホシコオロギの頭を持つ

コオロギの頭をもつのが羽を切りやすいスタイルです。この羽が鳴き声の発生源です。

コオロギの羽を切る

この羽をハサミで根元からバッサリと切ってしまいます。普通のハサミより眉毛用のハサミの方が切りやすそうです。

羽を切り終わったコオロギ

このとき、できるだけ根元から羽を切るのがポイントです。

この写真では半分くらい羽をカットしていますが、これだとまだ鳴くことができるので、羽の付け根からバッサリと切ってしまいます。

コオロギの繁殖を考えている場合は羽は切らないようにご注意下さい。

まとめ

今回全ての雄コオロギの羽をカットしましたが、カットミスがあったのか完全には鳴き声がなくならなかったものの、気になるレベルの鳴き声はなくなりました。

フタホシコオロギの羽切り作業は少し慣れれば簡単ですが、動きが俊敏なヨーロッパイエコオロギは捕まえるのが大変で苦労するかもしれません。

これで夜な夜なコオロギの鳴き声に悩まされることはなくなり、コオロギケースを蹴ること無く安眠生活を送ることができそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる