カテゴリー
ウォーキー
趣味や遊びに没頭するクリエイター
時間や場所にとらわれず、いろんな「モノ」や「コト」をクリエイトしています。
ただいま旧ブログ(MATCH THE BAIT)より移行中

YOLER(ヨーラー)焚き火台 レビュー | ソロキャンにおすすめのコンパクトな折りたたみコンロ

キャンプやバーベキューをするなら1台は持っておきたいのが焚き火台です。

最近はソロキャンプ用の焚き火台が人気で、様々なアウトドアメーカーがコンパクトサイズの焚き火台を販売しています。

こちらは僕が使用している焚き火台です。

YOLER(ヨーラー)焚き火台
YOLER(ヨーラー)の焚き火台

この焚き火台は国内の某有名メーカーのB6サイズの焚き火台にそっくりな、YOLER(ヨーラー)という中国メーカーの焚き火台(以下YOLER焚き火台)です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

いわゆるコピー商品ではありますが、この『YOLER(ヨーラー)焚き火台』はコピー商品の域を超えいて、完全に我が家の一軍焚き火台となっています。

そこでこの記事では、『YOLER(ヨーラー)焚き火台』の使い方や実際に長期間使用して感じた良い点や悪い点などのレビュー、より快適に使用するためのカスタム方法などを詳しく解説します。

この記事はこんな人におすすめです
  • ソロキャンプ用の焚き火台を探している人
  • コンパクトな焚き火台を探している人
  • YOLER(ヨーラー)焚き火台のレビューを聞きたい人

YOLER(ヨーラー)焚き火台』の購入を検討している人はぜひ最後までご覧ください。

この記事で紹介しているのは旧型(GS001)のため、現行品である新型(GS002)の仕様やセット内容もあわせてご紹介します。

目次

YOLER(ヨーラー)焚き火台の特徴

薄くコンパクトな収納サイズ

折り畳んだ状態の『YOLER(ヨーラー)焚き火台』

YOLER(ヨーラー)焚き火台』の収納サイズは折り畳んだ状態で185mm×155mm×20mmと、とても薄くコンパクトになっています。

『YOLER(ヨーラー)焚き火台』の収納袋
収納袋もついてます

付属の収納袋に収めると片手でもらくらく持ち運べます。

この収納時のコンパクトさはリュックで移動するソロキャンプで大きなアドバンテージになります。

素早く簡単に組み立て可能

YOLER(ヨーラー)焚き火台』は5つのパーツを組み立てるのですが、これがびっくりするほど簡単です。

1分もかからずコンロを設営することができるので、キャンプ場に着いた瞬間に火おこし作業に入ることができます。

組み立て前の『YOLER(ヨーラー)焚き火台』
付属品
  • 本体
  • ゴトク
  • 炭受け
  • ロストル
  • 炭ストッパー

焼き網は付属されていません。

STEP
本体を立てる

まず本体を立てます。

このとき本体の上下を逆さにすることによって、炭受けからゴトクまでの距離を3段階に調節可能です。

ウォーキー

ただ立てるだけ!

STEP
炭受けを設置する
『YOLER(ヨーラー)焚き火台』に炭受けを設置する

炭受けを好みの高さに設置します。

ウォーキー

ただ差しこむだけ!

STEP
ロストルを設置する
『YOLER(ヨーラー)焚き火台』にロストルを設置する

炭受けにロストルを設置します。

ウォーキー

ただ置くだけ!

STEP
炭ストッパーを設置する
『YOLER(ヨーラー)焚き火台』に炭ストッパーを設置する

本体の前面に炭ストッパーを設置します。

ウォーキー

ただ差しこむだけ!

STEP
ゴトクを設置して完成
『YOLER(ヨーラー)焚き火台』にゴトクを設置する

最後にゴトクを設置して完成です。

ウォーキー

ただ置くだけ!

慣れてしまえば10秒もかからず組み立てることができます。

高さを3段階に調節可能

炭受けを差し込む穴
炭受けで高さを調節します
ゴトクまで約135mm
ゴトクまで約110mm
ゴトクまで約85mm

YOLER(ヨーラー)焚き火台』の本体の上下を入れかえることで、炭受けからゴトクまでの高さを3段階に調節可能です。

僕の場合、焚き火で使用するときは低く、炭火のときは高くするなど熱源に応じて使いわけています。

新型(GS002)は上下を入れかえることなく3段階調節が可能な仕様になっています。

『YOLER(ヨーラー)焚き火台』のカスタム例

『YOLER(ヨーラー)焚き火台』のカスタムアイテム

YOLER(ヨーラー)焚き火台』はそのままでも使えますが、ダイソーやセリアで買えるアイテムでカスタマイズすることで、より快適に使用することができます。

カスタムパーツ
  • ダイソー ステンレス浅型角バット(202×255mm)
  • ダイソー ステンレス万能トング(24mm)
  • セリア ミニバーベキュートング
  • ダイソー スタンド付き焼き網
  • ダイソー 水切り網(130mm×195mm)
  • ダイソー スリム型ネットフック(75mm)

ダイソー ステンレス浅型角バット(202×255mm)

ダイソー ステンレス浅型角バット(202×255mm)

YOLER(ヨーラー)焚き火台』は使用中に灰や燃えカスがよく地面に落ちてくるため、ダイソーの『ステンレス浅型角バット(202×255mm)』にすっぽり収めて使用すると地面を汚すことなく使用できます。

ダイソー ステンレス浅型角バット(202×255mm)と『YOLER(ヨーラー)焚き火台』の隙間

焚き火台より一回り大きいので落ちた灰をしっかり受け止めてくれて、フチも30mmあるので持ち運びもしやすくなります。

ダイソー ステンレス万能トング(24mm)とセリア ミニバーベキュートング

『ステンレス万能トング(24mm)』と『ミニバーベキュートング』

焚き火台を直接カスタムするのではありませんが、ダイソーの『ステンレス万能トング(24mm)』とセリアの『ミニバーベキュートング』の組み合わせはキャンプやバーベキューにめちゃくちゃ使えます。

この組合せをおすすめする理由はこちら。

『ステンレス万能トング(24mm)』に『ミニバーベキュートング』を収める
『ステンレス万能トング(24mm)』に『ミニバーベキュートング』を収める

なんと、このように『ステンレス万能トング(24mm)』に『ミニバーベキュートング』がすっぽり収まるんです。

『ステンレス万能トング(24mm)』に『ミニバーベキュートング』を収めた状態
ウォーキー

まさにシンデレラフィット!

ダイソー スタンド付き焼き網

ダイソーの『スタンド付き焼き網』

こちらはダイソーの『スタンド付き焼き網』ですが、これがまた『YOLER(ヨーラー)焚き火台』にピッタリ。

専用の焼き網がセットになったタイプも販売されていますが、個人的にはダイソーの『スタンド付き焼き網』を強くおすすめします。

『YOLER(ヨーラー)焚き火台』に乗せたダイソーの『スタンド付き焼き網』

このように食材の避難スペースを作ることができるので、食材を焦がすことがなくなりました。

焚き火台の前後にスペースができるので、2人で焚き火台を挟んで使用することも可能です。

そのまま地面に置くことができるダイソーの『スタンド付き焼き網』

またスタンド付きなので、炭を足すときなど火から外してそのまま地面に置くこともできます。

自作サイドテーブル

ダイソーの『水切り網(130mm×195mm)』と『スリム型ネットフック(75mm)』

こちらはダイソーで購入した『水切り網(130mm×195mm)』と『スリム型ネットフック(75mm)』です。

ペンチで加工した『スリム型ネットフック(75mm)』
『YOLER(ヨーラー)焚き火台』に取り付けた自作サイドテーブル

フックはペンチで加工してガタつかないように角度を調整し、仕舞寸法をコンパクトにするため余分な部分を上側に折り返しています。

トングを乗せた自作サイドテーブル

本体の側面に『スリム型ネットフック(75mm)』を引っかけて、『水切り網(130mm×195mm)』を設置すれば自作サイドテーブルのできあがり。

乗せたものが落ちないようにあえて角度は斜めのままにしていますが、ペンチで加工すれば水平にすることもできます。

このちょっとしたスペースがあるだけで快適さが劇的にアップします。

コンパクトに収納可能

『ステンレス浅型角バット』に収めた『YOLER(ヨーラー)焚き火台』一式

YOLER(ヨーラー)焚き火台』を折りたたむと『ステンレス浅型角バット』に他のカスタムパーツ含めてまるごときれいに収まります。

『スタンド付き焼き網』も折りたたむとほとんど同じサイズなので、とてもスッキリとまとめることができます。

ブッシュクラフトの麻袋に収めた『YOLER(ヨーラー)焚き火台』
収納時のサイズ感

焚き火台に付属しているYOLERの収納袋には入らないので、別途購入した『Bush Craft(ブッシュクラフト) 麻のスタッフサック』に収納して持ち運んでいます。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

『YOLER(ヨーラー)焚き火台』を使った感想

サイズ感がちょうどいい

『YOLER(ヨーラー)焚き火台』で焼く手羽元

YOLER(ヨーラー)焚き火台』を購入してからかなりの回数使用してきましたが、B6サイズより少し大きい絶妙なサイズがとにかく使いやすいです。

ソロキャンプ用鉄板を乗せた『YOLER(ヨーラー)焚き火台』
スキレットを乗せた『YOLER(ヨーラー)焚き火台』

焼き網以外にもソロキャンプ用の鉄板やミニスキレットにもちょうどいいサイズです。

ソロキャンプはもちろん、デュオキャンプにもおすすめのサイズ感です。

ただ3人以上での使用にはちょっと狭いので、その場合はもうひと回り大きいA4バージョンがおすすめです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

丈夫だけどちょっと重い

YOLER(ヨーラー)焚き火台』はステンレス製で丈夫にできています。

これまで炭火メインで使用回数は数十回を超えていますが、焼き色がついて若干の歪みがみられるくらいで焚き火台としての機能には問題ありません。

キャンプファイヤー並みの焚き火で使用すると結果は変わるかもしれません。

ただ丈夫な反面、重さ724gとコンパクトな割にそこそこの重さがあります。

片手で持てる重さではありますが見た目以上にずっしり感はあるので、軽さを重視する人には不向きかもしれません。

コスパ最強

キャンプ場で使用中の『YOLER(ヨーラー)焚き火台』

この『YOLER(ヨーラー)焚き火台』、なんとAmazon価格が¥1,820(税込)と破格で、さらにタイムセールで1500円台に値下がりしていることもあります。

この性能でこの価格はかなりの高コストパフォーマンスなので、初心者キャンパーの最初の焚き火台としてもかなりおすすめできます。

また本体の上下を入れかえることなく高さを3段階に調節可能な新型(GS002)もほぼ同価格で購入できます。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

まとめ

他にも複数の焚き火台を所有していますが、ソロキャンプ〜デュオキャンプのときはほぼ『YOLER(ヨーラー)焚き火台』を使用しています。本家よりも…ヒソヒソ

もしこれからキャンプを始める人に1台目の焚き火台をおすすめするとしたら『YOLER(ヨーラー)焚き火台』を選ぶでしょう。

ウォーキー

それくらいお気に入りです!

この記事がソロキャンプ用の焚き火台の購入を検討している人の参考になれば幸いです。

最安の旧型

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

新型

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

3〜4人向け

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる